2022-08-17

真夏の帰省・4

朝から暇だったので、庭を見渡していたら、お隣の方へ伸びている木を見つけた。

少しだけ切ったりと手を入れる。

南天の木だった。お正月のお節に彩りを添える実だ。

切り始めるとスイッチが入り、不用品を処分したり、椅子やテーブルを移動したり、

雑草を抜いたりと片付け始めて、結局ゴミ袋3袋位になった。

父と母2人だとなかなか進まない処分も、これはもういいよねと確認しながら捨てていく。

捨てるものも夫婦で選ぶ感覚が違うと、大変だ。

捨てたいのに捨てられない。そんなところを娘の私が入って、エイッと捨ててきた。

汗だくになったのでシャワーを浴びて、一息着く間に、雨がザーザー降ってきた。

そうだった、台風がきたのだ。

庭の掃除はベストタイミングで終わり、

もう風に飛ばされるものは何もなかった。