2020-09-10

10年の時を超えて


お世話になっている方から、

お知らせがひらりと舞い込みました。




10年前に私が手がけた装画の本
『きみにあいたい あかりが生きた239日、そして12時間』
がFRaU webの連載の記事になっていますというお知らせ。

そして、10年前に手渡されたこの本のことを、
遠くパリに住む中村江里子さん✨が突然インスタでご紹介くださっているということも。
とても不思議なのは、
10年も前の本を、誰も示し合わせずに、
時を同じくしてたくさんの人の目に触れさせているということ。

なんだか導かれている感。。


なので私もシェア😊

私は絵を描いただけですが、
絵を見ると当時を思い出し、懐かしいですね。
この仕事では関わった皆さんがチームでとてもよくしてくださって、
たくさん励まされながら描いた記憶があります。


つくづく私は仕事や人に恵まれているなと感じます。











2020-09-02

芸術新潮9月号

 



今月の芸術新潮


堀江敏幸さんエッセイ
お題は「門を開けさせた人」







挿絵を描いています。
よろしくお願いします。










2020-08-06

芸術新潮8月号






芸術新潮8月号
堀江敏幸さんのエッセイに挿絵を描いています。
今月のタイトルは、「破壊の前の沈黙」







今月の表紙。

美術館やギャラリー、行きたい。いつか行きたい。
私の展示も日本で世界でまたやりたい。







2020-06-22

cosmic




宇宙的夏至の日
私たち宇宙people~





2020-05-27

芸術新潮6月号






「芸術新潮」で連載されている
堀江敏幸さんのエッセイ「定形外郵便」に挿絵を描いています。

6月は「アンダンテのつぎに来るもの」






特集は浮世絵
美術館には今行けないけどこちらで堪能してくださいね〜